メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

国がん、アジア地域の希少がん研究を主導

2021年10月21日 17:30

 患者数が少なく、治療開発が困難な希少がん。国立がん研究センター中央病院は、希少がんの治療開発を推進するためにマレーシア、タイ、インドネシア、フィリピン、ベトナムのアジア・太平洋地域5カ国の10施設との国際共同前向きレジストリ研究MASTER KEY Asiaを開始する。希少がんの治療開発とアジア地域でのがんゲノム医療の加速化を目指すという。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  国がん、アジア地域の希少がん研究を主導

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD539522 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外