メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  精神疾患 »  夜型の双極性障害患者は自傷行為リスクが高い

夜型の双極性障害患者は自傷行為リスクが高い

2021年10月21日 18:40

 双極性障害患者では自傷行為の頻度が極めて高く、その後の自殺企図とも密接に関連している。桶狭間病院藤田こころケアセンター(愛知県)/藤田医科大学精神神経科学講座客員講師の江崎悠一氏は、双極性障害患者における活動時間指向性(クロノタイプ)と意図的な自傷行為との関連を検討。「双極性障害患者では夜型クロノタイプと意図的な自傷行為に関連が見られた」と第46回日本睡眠学会(9月23〜24日、ウェブ併催)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  精神疾患 »  夜型の双極性障害患者は自傷行為リスクが高い