メニューを開く 検索 ログイン

PPARアゴニストが活動性NASHに有望な結果

lanifibranorの第Ⅱb相試験、疾患活動性が有意に低下

 2021年10月25日 18:15
プッシュ通知を受取る

56名の先生が役に立ったと考えています。

 ベルギー・University of AntwerpのSven M. Francque氏らは、肝硬変を伴わない活動性の高い非アルコール性脂肪肝炎(NASH)患者を対象に、NASHの発症機序において重要な役割を果たす3種類のペルオキシソーム増殖因子活性化受容体(PPAR)を活性化させるpan-PPA...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

コロナワクチン未接種者への行動制限は許されるか?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  糖尿病・内分泌 »  PPARアゴニストが活動性NASHに有望な結果