メニューを開く 検索 ログイン

デノスマブ、CKD患者に意外な効果

2021年10月28日 18:50

10名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 骨粗鬆症治療薬は、有害事象への懸念から慢性腎臓病(CKD)患者には慎重投与とされる薬剤が多く、CKD患者に対する有効性のエビデンスは十分に蓄積されていなかった。しかし最近、抗RANKL抗体デノスマブが骨折予防効果だけでなく、腎保護や血管石灰化抑制効果なども併せ持つことを示唆する報告がなされている。第23回日本骨粗鬆症学会/第39回日本骨代謝学会(10月8~10日、ウェブ開催)で、昭和大学腎臓内科学部門の井芹健氏は「デノスマブの使用がCKD患者に意外な効果をもたらし、予後改善につながる可能性がある」と述べた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  腎・泌尿器 »  デノスマブ、CKD患者に意外な効果

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD539593 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外