メニューを開く 検索

呼吸器系フルオロキノロンで心臓突然死上昇

米・血液透析患者26万人の検討

2021年10月28日 16:44

37名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 米・University of North Carolina Kidney CenterのMagdalene M. Assimon氏らは、血液透析を受けている腎不全患者26万4,968例を対象に、呼吸器感染症起因菌への強い抗菌活性を有するフルオロキノロン系抗菌薬とアモキシシリン系抗菌薬の心臓突然死(SCD)への安全性を比較する後ろ向きコホート研究を行った。その結果、アモキシシリン系薬と比べ、呼吸器系フルオロキノロンでは投与開始から5日以内のSCDの相対リスクと絶対リスクがいずれも高かったと、JAMA Cardiol2021年10月20日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  呼吸器系フルオロキノロンで心臓突然死上昇