メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  時計遺伝子と乳がん罹患の関係は?

時計遺伝子と乳がん罹患の関係は?

Per3 VNTR遺伝子多型で4倍の差

2021年10月28日 17:38

2名の医師が参考になったと回答 

 夜勤や交代勤務などに伴う概日リズムの乱れは、乳がんの発症と関連があるとされている。時計遺伝子Period3(Per3)の多型の1つであるPer3 反復配列多型(VNTR)は、諸外国では乳がんリスクとの関連が指摘されているものの、日本人では検証されていない。筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構准教授の森田えみ氏は、名古屋大学予防医学、滋賀医科大学精神科と共同研究で、日本人一般集団を対象にPer3 VNTRと乳がん罹患歴との関連を検証。第46回日本睡眠学会(9月23〜24日、ウェブ併催)で「Per3 VNTR5/5型では、他の型に比べ乳がん罹患の割合が約4倍であった」と報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  時計遺伝子と乳がん罹患の関係は?