メニューを開く 検索 ログイン

Off-pump施行率、3年連続6割未満

2020年度日本冠動脈外科学会全国調査

2021年10月28日 17:52

8名の医師が参考になったと回答 

 毎年、冠動脈バイパス術(CABG)に関する全国アンケートを実施している日本冠動脈外科学会は10月18日、2020年度の調査結果を公式サイトで発表した。調査では、単独CABGのうち初回待機手術となった心拍動下CABG(off-pump CABG)の実施割合が、3年連続で60%未満にとどまっていることなどが明らかにされた(関連記事「Off pump CABG施行率が68%と過去最高に」)。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  Off-pump施行率、3年連続6割未満

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで