メニューを開く 検索 ログイン

尿路感染症入院例の特徴、死亡率が明らかに

23万人の大規模入院データを解析

2021年10月29日 05:00

4名の医師が参考になったと回答 

 腎盂腎炎などの尿路感染症は、入院の契機となる感染症として肺炎に次ぎ2番目に多いといわれるが、日本では同疾患の入院例に対する大規模な検討は実施されていない。そこで、国立国際医療研究センター国府台病院総合内科診療科長の酒匂赤人氏らは10月21日、東京大学などと共同で実施した、尿路感染症入院患者約23万人を対象とする全国規模の調査の結果を発表。同疾患の発症率や患者の特徴、死亡率などを明らかにした。詳細はBMC Infect Dis(2021; 21: 1048)に掲載されている。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  尿路感染症入院例の特徴、死亡率が明らかに

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD539623 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外