メニューを開く 検索 ログイン

マイナ保険証普及で目標 導入施設、20万カ所以上―日本健康会議〔時事メディカル〕

2021年10月29日 14:20

 経団連や全国知事会、日本医師会などで構成する「日本健康会議」は29日、国民の健康づくりで自治体や企業が2025年度までに取り組む5項目の数値目標を発表した。マイナンバーカードの健康保険証利用を進めるため、読み取り機やシステムを導入する医療機関・薬局を20万施設以上に増やすことなどを盛り込んだ。

 厚生労働省によると、今月20日時点で読み取り機の設置などが完了した医療機関・薬局は約2万施設と、全体の約9%にとどまる。25年度の導入目標は、約23万カ所ある全施設の約9割に当たる。

(2021年10月29日 時事メディカル)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  時事メディカル »  マイナ保険証普及で目標 導入施設、20万カ所以上―日本健康会議〔時事メディカル〕

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD539674 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外