メニューを開く 検索 ログイン

精神栄養学によるうつ病の最新知見

腸内細菌の関与も

2021年11月02日 05:05

23名の医師が参考になったと回答 

 世界保健機関(WHO)によると世界のうつ病の有病率は4.4%とされ、厚生労働省の発表では日本国内でうつ病の治療を受けているのは128万人とされる。うつ病に対しては、主因となるストレスを軽減する環境調整、薬物療法、脳刺激療法、リハビリテーションなどを中心に介入が行われてきたが、近年海外を中心に注目を集めているのが栄養・運動療法である。うつ病と食事との関係は深く、うつ病患者では特定の栄養不足が指摘されている。精神栄養学の研究を精力的に行っている帝京大学精神神経科学講座主任教授の功刀浩氏は第43回日本臨床栄養学会/第42回日本臨床栄養協会(10月2~3日、ウェブ開催)で、うつ病と生活習慣、腸内細菌との関係について最新の研究結果を報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  精神疾患 »  精神栄養学によるうつ病の最新知見

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD539576 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外