メニューを開く 検索 ログイン
第29回 日本消化器関連学会週間(JDDW 2021)

ナビゲーション手術の現状と展望

2021年11月05日 06:45

パネルディスカッション5 提案:日本消化器外科学会

本日 14:00〜16:30 第3会場

司会 堀口 明彦氏 藤田医大ばんたね病院・消化器外科
齋浦 明夫氏 順天堂大大学院・肝胆膵外科学
演者 杉本 真樹氏 帝京大冲永総合研究所
中沼 寛明氏 大分大・消化器外科
齋藤 裕氏 徳島大・消化器・移植外科
高本 健史氏 国立がん研究センター中央病院・肝胆膵外科
草野 智一氏 昭和大・消化器・一般外科
瀬尾 智氏 京都大・肝胆膵・移植外科
浦出 剛史氏 神戸大大学院・肝胆膵外科学
大矢 浩貴氏 横浜市立大市民総合医療センター・消化器病センター外科
落合 健太郎氏 東京大・腫瘍外科
柳 舜仁氏 川口市立医療センター・消化器外科

 ナビゲーション手術に関しては、これまでマルチスライスCT(MDCT)が多用されてきたが、腫瘍部位の同定が容易なインドシアニングリーン(ICG)蛍光法の普及が進み、現在ではがん切除時の主流となっている。司会の堀口明彦氏は「肝胆膵などの臓器や血管をホログラムとして空中に描出し、手術手技のシミュレーションに生かす技術の実用化も進んでいる。本セッションはナビゲーション手術の最先端を学ぶ貴重な機会になるだろう」と話す。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

10日の参院選、投票に行きますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  ナビゲーション手術の現状と展望