メニューを開く 検索 ログイン
第29回 日本消化器関連学会週間(JDDW 2021)

内視鏡低侵襲治療の新たな挑戦 (New challenges for minimally invasive endoscopic treatment)

2021年11月05日 06:45

International Session(Symposium)4 提案:日本消化器内視鏡学会

本日 14:00〜17:00 第11会場

司会 小野 裕之氏 静岡がんセンター・内視鏡科
炭山 和毅氏 東京慈恵会医大・内視鏡医学
演者 Amit Maydeo氏 Baldota Institute of Digestive Sciences, Global Hospital
Stavros Stavropoulos氏 Division of Gastroenterology, Hepatology, and Nutrition, Winthrop University Hospital
Philip Wai Yan Chiu氏 Department of Surgery, Faculty of Medicine, The Chinese University of Hong Kong
土橋 昭氏 東京慈恵会医大・内視鏡医学
七條 智聖氏 大阪国際がんセンター・消化管内科
鈴木 桂悟氏 がん研有明病院・下部消化管内科
平澤 欣吾氏 横浜市立大附属市民総合医療センター・消化器病センター・内視鏡部
鬼丸 学氏 昭和大江東豊洲病院・消化器センター
一政 克朗氏 昭和大横浜市北部病院・消化器センター
特別発言 矢作 直久氏 慶應義塾大病院・腫瘍センター・低侵襲療法研究開発部門

 消化器領域では、画期的な治療技術の登場により低侵襲治療への移行が進んでいる。またロボット内視鏡や人工知能(AI)、ビッグデータなどの分野の進展も著しい。国内外のエキスパートが集う本セッションでは、さらなる低侵襲化への「新たな挑戦」を展望する。

 内視鏡検査は消化器領域での日常診療に欠かせないツールとなっている。内視鏡低侵襲治療について、司会の小野裕之氏は「内視鏡治療は外傷や疼痛、術後の機能維持の面で外科手術と比べて非常に多くの利点がある」と意義付ける。とりわけ、内視鏡的粘膜切除術(EMR)や内視鏡的粘膜下層剝離術(ESD)へと低侵襲化が進む中、同氏は「ESDの開発は、内視鏡による腫瘍切除で大きな組織を取り除くことを可能にした。急性胃腸管出血や膵胆道閉塞の大部分は内視鏡的に管理できる。また内視鏡治療の作業領域は、腸壁で制限されることはない」とメリットを強調する。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  内視鏡低侵襲治療の新たな挑戦 (New challenges for minimally invasive endoscopic treatment)

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD539684 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外