メニューを開く 検索 ログイン
第29回 日本消化器関連学会週間(JDDW 2021)

肝線維化非侵襲的診療の実際 (Non-invasive assessment of liver fibrosis for the clinical diagnosis and treatment)

2021年11月05日 06:45

International Session(Workshop)3 提案:日本肝臓学会

本日 14:30〜17:00 第8会場

司会 中尾 一彦氏 長崎大大学院・消化器内科学
廣岡 昌史氏 愛媛大大学院・消化器・内分泌・代謝内科学
Discussant 杉本 勝俊氏 東京医大・消化器内科
吉田 理氏 愛媛大大学院・消化器・内分泌・代謝内科学
演者 中塚 拓馬氏 東京大・消化器内科
並川 正一氏 福井大・内科学(2)
内川 慎介氏 広島大・消化器・代謝内科
西村 貴士氏 兵庫医大・内科・肝胆膵科、超音波センター
小泉 洋平氏 愛媛大大学院・消化器・内分泌・代謝内科学
小宮山 泰之氏 山梨大・内科学講座第一教室
江口 暁子氏 三重大・消化器内科学
白井 久美子氏 大阪大大学院・消化器内科学
藤田 浩二氏 香川大・消化器・神経内科学
城下 智氏 信州大・内科学第二教室
堀井 里和氏 金沢大大学院・消化器内科学
特別発言 泉 並木氏 武蔵野赤十字病院

 肝線維化は肝硬変や肝がん、肝不全など全ての慢性肝疾患を診療する上で重要な指標となる。線維化評価のゴールドスタンダードは肝生検だが、侵襲性が高く時として合併症を引き起こし、生検部位によるサンプリングエラーが生じやすい。本セッションでは、肝生検に代わるさまざまな肝線維化評価法の有用性が検討される。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  肝線維化非侵襲的診療の実際 (Non-invasive assessment of liver fibrosis for the clinical diagnosis and treatment)

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD539686 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外