メニューを開く 検索 ログイン

イスラエル、早期接種者でコロナ再拡大の兆し

デルタ株流行と免疫の減衰が影響か

 2021年11月05日 14:33
プッシュ通知を受取る

54名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチンの接種が世界で最も進んでいるイスラエルでは、昨年(2020年)12月にファイザー製のワクチン(トジナメラン)の集団接種を開始し、いったんは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行が収束したかに見えたが、今年6月以降SARS-CoV-2感染...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

コロナワクチン未接種者への行動制限は許されるか?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  イスラエル、早期接種者でコロナ再拡大の兆し