メニューを開く 検索 ログイン
第29回 日本消化器関連学会週間(JDDW 2021)

新専門医制度の現状と課題

2021年11月06日 06:40

第21回医療セミナー

本日 9:00〜12:00 第13会場

司会 田尻 久雄氏 東京慈恵会医大・名誉教授
下瀬川 徹氏 みやぎ県南中核病院
演者 寺本 民生氏 日本専門医機構・理事長
横山 彰仁氏 高知大・呼吸器・アレルギー内科
村上 和成氏 大分大・消化器内科
田中 聖人氏 京都第二赤十字病院・消化器内科
吉治 仁志氏 奈良県立医大・消化器・代謝内科
袴田 健一氏 弘前大・消化器外科

 新専門医制度は2018年度に開始され、19の基本領域とサブスペシャルティ領域(サブ領域)の2段階で構成される。内科は15のサブ領域に分かれ、中でも消化器は対象臓器や疾患数、患者数が最も多く、診療手技も多岐にわたることから複数のサブ領域を抱えている()。一方、学会認定のサブ領域の扱いなど検討中の課題もあり、その動向には注視が必要だ。本セッションでは、日本専門医機構(専門医機構)、日本内科学会をはじめ消化器サブ領域の各学会から専門医制度の現状と課題が報告される。司会の田尻久雄氏は「サブ領域に関してはさまざまな課題や疑問もあるので、それらについて分かりやすく回答し議論できる場にしたい」とセッションの意義を話す。

jddw2020_no3_p2_fig1

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  新専門医制度の現状と課題

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD539282 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外