メニューを開く 検索 ログイン
第29回 日本消化器関連学会週間(JDDW 2021)

がんゲノム医療の現状と将来展望

2021年11月06日 06:40

統合プログラム6(ワークショップ)

本日 14:00〜17:00 第6会場

司会 竹原 徹郎氏 大阪大大学院・消化器内科学
松原 久裕氏 千葉大大学院・先端応用外科学
武藤 学氏 京都大大学院・腫瘍薬物治療学
演者 大山 広氏 山梨県立中央病院・ゲノム解析センター、千葉大・消化器内科
松林 宏行氏 静岡がんセンター・ゲノム医療推進部、静岡がんセンター・内視鏡科
池澤 賢治氏 大阪国際がんセンター・肝胆膵内科
堀口 繁氏 岡山大・消化器内科
佐々木 和人氏 東京大・腫瘍外科
高田 弘一氏 札幌医大・腫瘍内科
山田 岳史氏 日本医大・消化器外科
村岡 優氏 山梨大・消化器内科
村井 大毅氏 大阪大・消化器内科
Sun Mi Lee氏 Jeju National University Hospital
徳長 鎮氏 千葉大附属病院・消化器内科

 2019年にがん遺伝子パネル検査が保険適用され、今年(2021年)8月にはリキッドバイオプシー検査も保険適用となるなど、この数年でがんゲノム医療は大きな進展を遂げている。また、国立がん研究センターのがんゲノム情報管理センター(C-CAT)に登録された検査データは1万8,000例超に上るなど、がんゲノム医療体制は着実に整備されつつある。本セッションでは、がん遺伝子パネル検査における自施設での独自の取り組みや腫瘍マーカー、サブタイプ分類に関する研究結果など、がんゲノム医療に関する最新の知見が幅広く取り上げられる。司会の竹原徹郎氏は「がんゲノム医療における現在と未来、臨床と研究という視点で議論を展開したい」と述べる。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  がんゲノム医療の現状と将来展望

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD539403 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外