メニューを開く 検索 ログイン
第29回 日本消化器関連学会週間(JDDW 2021)

小腸疾患診療におけるimaging modalitiesと内視鏡治療の位置付け(The role of each imaging modality and endoscopic treatment in the management of small intestinal diseases)

2021年11月06日 06:40

International Session(Panel Discussion)3 提案:日本消化器内視鏡学会

本日 14:30〜17:00 第11会場

司会 大塚 和朗氏 東京医歯大附属病院・光学医療診療部
長沼 誠氏 関西医大・3内科
Discussant 三井 啓吾氏 上野御徒町内科クリニック
馬場 重樹氏 滋賀医大附属病院・光学医療診療部
演者 平井 郁仁氏 福岡大・消化器内科
Yu-Ting Kuo氏 Division of Endoscopy of National Taiwan University Hospital
Jae Jun Park氏 Yonsei University Severence Hospital
細江 直樹氏 慶應義塾大・内視鏡センター
中村 正直氏 名古屋大大学院・消化器内科学
竹中 健人氏 東京医歯大・消化器内科
Ulzii Dashnyam氏 自治医大・消化器内科
日比谷 秀爾氏 東京医歯大・光学医療診療部
諸井 林太郎氏 東北大・消化器内科
特別発言 大宮 直木氏 藤田医大・消化器内科

 小腸は6〜7mと消化管全長の約7割を占めるが、観察が難しく、かつては「暗黒の臓器」と呼ばれていた。しかし、「21世紀に入り小腸疾患診療は劇的に進化した」と、司会の大塚和朗氏は指摘する。その立役者となったのが、自治医科大学の山本博徳氏が開発したバルーン内視鏡(balloon-assisted enteroscopy;BAE)とイスラエルで実用化されたカプセル内視鏡(capsule enteroscopy;CE)だ。2000年代初頭に現れた両者によって小腸全域の内視鏡検査が可能となり、BAEは治療にも用いられる。最近では、液体で管腔を拡張させた小腸をMRIで撮影するMR enterography(MRE)に大きな期待が寄せられている。本セッションでは、これらモダリティの長所と短所、組み合わせや使い分けが議論される()。

jddw2021_no1_p3_fig1

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  小腸疾患診療におけるimaging modalitiesと内視鏡治療の位置付け(The role of each imaging modality and endoscopic treatment in the management of small intestinal diseases)

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで