メニューを開く 検索 ログイン
第29回 日本消化器関連学会週間(JDDW 2021)

イノベーションをもたらす内視鏡機器開発(Development of innovative endoscopic devices)

2021年11月06日 06:40

1名の医師が参考になったと回答 

Strategic International Session(Workshop)1 提案:日本消化器内視鏡学会

本日 9:00〜12:00 第9会場

司会 井上 晴洋氏 昭和大江東豊洲病院・消化器センター
山本 博徳氏 自治医大・消化器内科
演者 Khek-Yu Ho氏 National University of Singapore
島村 勇人氏 昭和大江東豊洲病院・消化器センター
小塚 和博氏 香川大・消化器・神経内科
吉田 拓馬氏 京都府立医大大学院・消化器内科学
鷹尾 俊達氏 神戸大附属病院・消化器内科
藤本 愛氏 慶應義塾大・腫瘍センター・低侵襲療法研究開発部門
佐々木 文郷氏 鹿児島大大学院・消化器疾患・生活習慣病学
堀口 徳之氏 藤田医大・消化器内科
Sergay V. Kantsevoy氏 Mercy Medical Center
平塚 孝宏氏 大分大・消化器・小児外科、有田胃腸病院
Amit Maydeo氏 Baldota Institute of Digestive Sciences, Global Hospital
北野 雅之氏 和歌山県立医大・2内科
Kenneth F. Binmoeller氏 Interventional Endoscopy Services, California Pacific Medical Center
特別発言 樋口 和秀氏 大阪医薬大・2内科

 日本の内視鏡治療は評価が高く、機器開発および診断・治療法のいずれにおいても世界を牽引する存在感を示している。第102回日本消化器内視鏡学会総会大会長の山本博徳氏も司会を務める本セッションでは、最新の内視鏡機器開発の一端が紹介される()。ともに司会を務める井上晴洋氏は「近年の機器開発の動向を通じ、内視鏡医療が目指す革新的なコンセプトを伝えたい」と述べる。

jddw2021_no3_p3_fig1

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  イノベーションをもたらす内視鏡機器開発(Development of innovative endoscopic devices)

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD539695 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外