メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  脳・神経 »  ADHD治療薬などで高齢者の心血管リスク40%上昇

ADHD治療薬などで高齢者の心血管リスク40%上昇

覚醒剤原料の精神刺激薬の安全性を検証

2021年11月08日 05:05

2名の医師が参考になったと回答 

 カナダ・University of TorontoのMina Tadrous氏らは、同国オンタリオ州に居住する66歳以上の高齢者3万例超を対象に、覚醒剤を原料とする注意欠陥・多動性障害(ADHD)治療薬などの精神刺激作用を有する処方薬(以下、精神刺激薬)について、使用に伴うリスクを検証。その結果、精神刺激薬の使用開始後30日の時点で非使用の場合と比べて心血管イベントのリスクが40%上昇したとJAMA Netw Open2021;4(10):e2130795)に発表した。オンタリオ州では2013年~17年に高齢者に対する精神刺激薬の処方率は35%上昇し、米国と同様の傾向が見られるという。研究グループは「高齢者に精神刺激薬を処方する場合は、安全面を考慮する必要があることを示唆している」としている。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  脳・神経 »  ADHD治療薬などで高齢者の心血管リスク40%上昇