メニューを開く 検索 ログイン

難治性リンパ管疾患に有効率6割の新薬登場

2021年11月08日 17:58

4名の医師が参考になったと回答 

 難治性リンパ管疾患(リンパ管腫、リンパ管腫症、ゴーハム病、リンパ管拡張症)は、リンパ管が異常に膨らみ、大小の囊胞が腫瘤性病変を形成し、呼吸困難、気道圧迫、大量の胸水や腹水の貯留などが生じる希少疾患だ。外科的切除や硬化療法が治療の中心だったが、今年(2021年)9月27日に同疾患では初の治療薬としてmTOR阻害薬シロリムス(商品名ラパリムス)が適応追加承認を取得した。ノーベルファーマが10月26日に開催したオンラインセミナーで岐阜大学病院小児科臨床准教授の小関道夫氏は、難治性リンパ管疾患の既存治療の課題やシロリムスに対する期待について述べた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  皮膚 »  難治性リンパ管疾患に有効率6割の新薬登場

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで