メニューを開く 検索 ログイン

役割付与した住民主体の活動でフレイル改善

2021年11月10日 05:05

6名の医師が参考になったと回答 

 歳を重ね、地域での役割や居場所がなくなると活動する目標や目的を失い、心身機能維持への意欲が低下してフレイル(虚弱)状態に陥りやすくなる。東京都健康長寿医療センター研究所福祉と生活ケア研究チーム研究部長の大渕修一氏は、高齢者のフレイル抑制を目的に、フレイル状態の高齢者がフレイルの予防法を学びながら実践する "役割期待型"のプログラムを開発。参加した高齢者においてフレイル予防の活動量が増えるとともに、身体フレイル指標に改善効果が認められたことから、「役割期待の付与が意識や行動変容をもたらすことが実証できた」と、第43回日本臨床栄養学会/第42回日本臨床栄養協会(10月2~3日、ウェブ開催)で発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  高齢者 »  役割付与した住民主体の活動でフレイル改善

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD539720 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外