メニューを開く 検索 ログイン

HPVワクチン接種で子宮頸がん発生が9割減

若い年代の接種で予防効果が最大

 2021年11月11日 05:05
プッシュ通知を受取る

16名の先生が役に立ったと考えています。

 英国では、2008年に子宮頸がんの予防を目的としてヒトパピローマウイルス(HPV)に対する2価ワクチン(商品名サーバリックス)の接種プログラムを開始した。同国・King's College LondonのMilena Falcaro氏らは、ワクチン接種者の追跡調査を行った結果、予防効果は12~13...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

コロナワクチン未接種者への行動制限は許されるか?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  HPVワクチン接種で子宮頸がん発生が9割減