メニューを開く 検索 ログイン

コロナ下で高齢者の肺炎への危機意識が向上

患者と医師にコミュニケーションギャップ

 2021年11月12日 15:55
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 11月12日の「世界肺炎デー」を前にファイザーが行ったメディアセミナーで、慶應義塾大学感染症学教室教授の長谷川直樹氏が「肺炎に対する意識・実態調査」の結果を紹介。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行下で高齢者の肺炎に対する危機・予防意識が向上する一方、患者と医師にコミュニケーションギャ...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

コロナワクチン未接種者への行動制限は許されるか?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  コロナ下で高齢者の肺炎への危機意識が向上