メニューを開く 検索 ログイン

インフルエンザ感染でパーキンソン病7割増

感染後10年超の発症リスク

 2021年11月12日 18:04
プッシュ通知を受取る

28名の先生が役に立ったと考えています。

 米・Harvard Medical School/Harvard Pilgrim Health Care InstituteのNoelle M. Cocoros氏らは、デンマークの全国患者登録データを用いてインフルエンザとパーキンソン病(PD)の関連を検討。その結果、インフルエンザ感染者では非感染...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

コロナワクチン未接種者への行動制限は許されるか?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  インフルエンザ感染でパーキンソン病7割増