メニューを開く 検索 ログイン

HPVワクチンの接種勧奨再開へ 厚労省部会が決定〔時事メディカル〕

2021年11月12日 15:59

3名の医師が参考になったと回答 

子宮頸(けい)がんなどの主因となるヒトパピローマウイルス(HPV)感染症を予防するワクチンについて、厚生労働省の専門部会は12日、2013年から中止している接種の勧奨を再開すべきだと判断した。厚労省は近く、約8年ぶりとなる勧奨再開を決定する。

 専門部会は10月1日、「(接種を個別に呼び掛ける)積極的勧奨を妨げる要素はない」との認識で一致。再開に向け、接種後に副反応と疑われる症状を訴えた人への支援や、無料接種の機会を逃した人への接種機会といった課題について、引き続き検討を続けるとしていた。

 HPVワクチンは、13年4月に小6~高1女子を対象に定期接種化されたが、接種後に体の痛みなどを訴える声が相次いだことから、同部会が同年6月、積極的勧奨を中止した。

 厚労省によると、子宮頸がんで亡くなる人は1万人当たり30人。ワクチン接種によってうち最大21人の死亡を避けられると推計されている。

(2021年11月12日 時事メディカル)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  時事メディカル »  HPVワクチンの接種勧奨再開へ 厚労省部会が決定〔時事メディカル〕

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで