メニューを開く 検索 ログイン

日本における睡眠時無呼吸症候群の有病率

診療ガイドラインの解説:男性10~20%、女性5~10%

2021年11月15日 05:05

8名の医師が参考になったと回答 

 昨年(2020年)7月に『睡眠時無呼吸症候群(SAS)の診療ガイドライン(以下、GL)』が刊行された。順天堂大学大学院公衆衛生学講座教授の和田裕雄氏は、クリニカルクエスチョン(CQ)3「SAS、中枢性睡眠時無呼吸(CSA)の疫学」のうち"SASの頻度はどれくらいですか?"について、第46回日本睡眠学会(9月23〜24日、ウェブ併催)で解説。「わが国における睡眠呼吸障害(SDB)の有病率は、3%酸素飽和度低下指数(ODI)15以上をカットオフ値とすると、男性で10~20%程度、女性で5~10%程度だった」と述べた。

  • 最近では睡眠関連呼吸障害(Sleep Related Breathing Disorder;SRBD)が用いられるが、今回はいびきの概念も含め、あえてSDBとする

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  脳・神経 »  日本における睡眠時無呼吸症候群の有病率

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで