メニューを開く 検索 ログイン

幼児の生理的O脚、放置しても改善しない理由

 2021年11月15日 17:56
プッシュ通知を受取る

52名の先生が役に立ったと考えています。

 X線で異常が確認されず明確な原因がない幼児のO脚は、放置しても自然に改善する生理的なものと見なされてきた。順天堂大学練馬病院整形外科准教授の坂本優子氏らは、同大学単施設前向き観察研究Baby LAB study※において、幼児のO脚例では非O脚例に比べ生後3カ月時点で脛大腿骨角(tibiofemo...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

もうすぐ年越し。年末年始の予定は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  小児 »  幼児の生理的O脚、放置しても改善しない理由

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:12月末まで