メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  ロボット vs. 腹腔鏡、感染性合併症抑制に優れるのは?

Oncology Tribune

ロボット vs. 腹腔鏡、感染性合併症抑制に優れるのは?

胃がん患者対象のRCT

2021年11月16日 18:20

12名の医師が参考になったと回答 

 胃がんに対するロボット支援下胃切除術(RG)は、腹腔内感染性合併症の抑制に寄与する可能性がある。和歌山医科大学外科学第2講座講師の尾島敏康氏は、RGと腹腔鏡下胃切除術(LG)を比較する第Ⅲ相ランダム化比較試験(RCT)を実施。腹腔内感染性合併症の有意な抑制は認められなかったものの、RGで全合併症の有意な抑制などが示されたことを第59回日本癌治療学会(10月21〜23日、ウェブ併催)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  ロボット vs. 腹腔鏡、感染性合併症抑制に優れるのは?