メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  腸内細菌叢の多様性でICIの効果を予測

Oncology Tribune

腸内細菌叢の多様性でICIの効果を予測

MONSTAR-SCREENで可能性を示唆する知見

2021年11月16日 18:11

9名の医師が参考になったと回答 

 固形がんの遺伝子変化と腸内細菌叢の解析により、がんの発生や薬剤の有効性との関連を探る産学連携プロジェクトの1つであるMONSTAR-SCREEN。国立がん研究センター東病院臨床研究支援部門トランスレーショナルリサーチ推進部トランスレーショナルリサーチ支援室の洞澤智至氏は、同研究における免疫チェックポイント阻害薬(ICI)に関する解析結果を第59回日本癌治療学会(10月21〜23日、ウェブ併催)で報告。腸内細菌叢の多様性がICIの効果予測因子となる可能性を示唆した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  腸内細菌叢の多様性でICIの効果を予測