メニューを開く 検索 ログイン

mRNAワクチンで変異株の入院リスク85%減

2021年11月16日 16:59

5名の医師が参考になったと回答 

 わが国では、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチンの接種が進んだこともあり、足元では新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染者が減っている。しかし、ワクチン先進国とされた欧米では感染者は増加傾向にあり、ワクチンの効果を疑問視する声もある。米・疾病対策センター(CDC)のMark W. Tenforde氏らの研究グループは、mRNAワクチン接種の有無別に見た入院や予後などを検討する症例対照研究を実施。mRNAワクチンは、変異株の発症抑制にも有効で、入院リスクを85%抑制したとする結果をJAMA2021年11月4日オンライン版)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  mRNAワクチンで変異株の入院リスク85%減

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで