メニューを開く 検索 ログイン

75歳以上では長寿ほど死亡前医療費は低い

奈良県の3万4,000例超の解析結果

2021年11月17日 05:05

47名の医師が参考になったと回答 

 近年、日本を含む先進国では100歳以上の百寿者が増加している。百寿者は非百寿者に比べ、重篤な状態にある期間が短いことが示されている。そのため死亡前医療費も低いと予想されるが、百寿者の死亡前医療費について検討した研究は極めて少ない。このほど国立保健医療科学院/奈良県立医科大学の中西康裕氏らは、奈良県の75歳以上の高齢者3万4,000例超を対象にした後ろ向きコホート研究で検討した結果、死亡前1年間の医療費および入院率は非百寿者より百寿者で低く、105~109歳で最も低かったとJAMA Netw Open2021; 4(11): e2131884)に発表した(関連記事「"110歳以上"の生物学的特徴は?」)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  高齢者 »  75歳以上では長寿ほど死亡前医療費は低い

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD539935 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外