メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  FFRガイド下PCI、CABGに非劣性示せず

FFRガイド下PCI、CABGに非劣性示せず

冠動脈3枝病変1,500例対象のRCT

2021年11月19日 05:05

11名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・Stanford University School of MedicineのWilliam F. Fearon氏らは、冠動脈3枝病変を有する患者1,500例を対象に、冠動脈バイパス術(CABG)と冠血流予備量比(FFR)測定ガイド下での経皮的冠動脈インターベンション(PCI)の治療成績を国際多施設ランダム化比較試験(RCT)で検証。その結果、治療後1年以内の複合脳心血管イベントの発生率に関して、CABGに対するFFRガイド下PCIの非劣性は示されなかったとN Engl J Med2021年11月4日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  FFRガイド下PCI、CABGに非劣性示せず