メニューを開く 検索 ログイン

FFRガイド下PCI、CABGに非劣性示せず

冠動脈3枝病変1,500例対象のRCT

2021年11月19日 05:05

2名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・Stanford University School of MedicineのWilliam F. Fearon氏らは、冠動脈3枝病変を有する患者1,500例を対象に、冠動脈バイパス術(CABG)と冠血流予備量比(FFR)測定ガイド下での経皮的冠動脈インターベンション(PCI)の治療成績を国際多施設ランダム化比較試験(RCT)で検証。その結果、治療後1年以内の複合脳心血管イベントの発生率に関して、CABGに対するFFRガイド下PCIの非劣性は示されなかったとN Engl J Med2021年11月4日オンライン版)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  FFRガイド下PCI、CABGに非劣性示せず

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで