メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  健康・公衆衛生 »  緊急事態宣言下の不眠症への継続投与は微増

緊急事態宣言下の不眠症への継続投与は微増

約570万人のデータを解析

2021年11月22日 15:58

 昨年(2020年)4月に発出された第1回緊急事態宣言下では、不要不急の外出自粛要請などの影響により医療機関の受診が減少したとされている。一方、不眠症などによる受診に大幅な減少は見られず、むしろコロナ下のストレスに伴い受診者が増えたとの報道もある。株式会社JMDCの遠藤史博氏らは健康保険組合院約570万人を対象に、昨年4〜6月における医療機関への受診状況および不眠による投薬状況について検討。その結果を第46回日本睡眠学会(9月23〜24日、ウェブ併催)で発表。継続投与はわずかに増加していることを示した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  健康・公衆衛生 »  緊急事態宣言下の不眠症への継続投与は微増