メニューを開く 検索 ログイン

高齢CVD患者の活動度を高める方法

生活活動評価を用いて検討

 2021年11月22日 11:46
プッシュ通知を受取る

 高齢の心血管疾患(CVD)患者は抑うつ症状を有する割合が高く、フレイルや認知機能低下といった高齢者特有の問題が併存しているケースも少なくない。これらを改善するには身体機能だけでなく、社会的・心理的な側面も含めた幅広い介入が必要だ。国立長寿医療研究センターリハビリテーション科部理学療法士の橋本駿氏ら...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

コロナワクチン未接種者への行動制限は許されるか?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  高齢CVD患者の活動度を高める方法