メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  呼吸器 »  睡眠時無呼吸に舌下神経刺激が有効

睡眠時無呼吸に舌下神経刺激が有効

3カ月後に気道陽圧療法と同等の改善効果

2021年11月24日 14:34

28名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 米・Cleveland ClinicのMaeve Pascoe氏らは、閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)患者約300例を対象に、舌下神経刺激療法(HNS)気道陽圧(PAP)療法の有効性および患者報告転帰(PROs)の改善との関連を比較検討することを目的とし、後ろ向きコホート研究を実施。その結果、HNSでは1年後にPROsの持続的な改善が認められ、3カ月後にはPAP療法と同等の改善効果が見られたとJAMA Otolaryngol Head Neck Surg2021年11月11日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

治安は悪化している? この1年で防犯対策をしましたか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  呼吸器 »  睡眠時無呼吸に舌下神経刺激が有効