メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  早期からの厳格な血糖管理で網膜症を防ぐ

早期からの厳格な血糖管理で網膜症を防ぐ

2021年11月24日 05:00

3名の医師が参考になったと回答 

 糖尿病網膜症の病因は高血糖の持続による血管障害であり、高血糖特異的な合併症である。1型糖尿病、2型糖尿病のいずれにおいても血糖値を早期に正常化できれば発症や進展を抑制できる。第36回日本糖尿病合併症学会/第27回日本糖尿病眼学会(10月8〜9日、ウェブ併催)で総合東京病院副院長/糖尿病センター長の柴輝男氏は、糖尿病合併症予防における血糖管理の重要性を示したエビデンスを紹介するとともに、糖尿病網膜症の発症および進展の抑制を念頭に置いた薬物治療について解説。早期からの強力な血糖管理療法の必要性をあらためて強調した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  早期からの厳格な血糖管理で網膜症を防ぐ