メニューを開く 検索 ログイン

急性心不全の新たな選択肢となるか

EMPULSE試験でエンパグリフロジンが臨床的有用性示す

 2021年11月25日 05:05
プッシュ通知を受取る

22名の先生が役に立ったと考えています。

 いまや糖尿病治療薬の範疇を超え、慢性心不全や慢性腎臓病への適応拡大が進みつつあるSGLT2阻害薬。そうした中、第Ⅲ相ランダム化比較試験(RCT)EMPULSE1)では、530例と少数例ながら急性心不全による入院患者を対象に、SGLT2阻害薬エンパグリフロジンが糖尿病の有無や左室駆出率(LVEF)に...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

コロナワクチン未接種者への行動制限は許されるか?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  急性心不全の新たな選択肢となるか