メニューを開く 検索 ログイン

女性医師が増えると誰が困るのか?

上野千鶴子氏が医療界に物申す

2021年11月25日 18:00

157名の医師が参考になったと回答 

 2019年4月の東京大学入学式において、社会学者の上野千鶴子氏〔東京大学名誉教授・認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク(WAN)理事長〕が「性差別問題」を盛り込んだ祝辞を贈ったことは、大きな反響を呼んだ。その上野氏が初めて、社会学者の立場から、医療現場に女性がいることが医療のサステイナビリティにとってどのような意味を持つのかを論じた。第37回日本小児外科学会秋季シンポジウム(10月28~29日、ウェブ併催)のワークライフバランス検討委員会主催講演会「女性医師が増えると誰が困るのか? ~医療のサステイナビリティと未来~」での発表の一部を紹介する。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  小児 »  女性医師が増えると誰が困るのか?

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで