メニューを開く 検索 ログイン

新たな疾患概念「PD-1ミオパチー」を提唱

免疫チェックポイント阻害薬による神経筋疾患

2021年11月26日 15:00

9名の医師が参考になったと回答 

 慶應義塾大学神経内科専任講師の関守信氏は、抗PD-1抗体に代表される免疫チェックポイント阻害薬(ICI)による免疫関連有害事象(irAE)のうち、特異的な臨床像を呈する重症筋無力症(MG)および筋炎について第33回日本神経免疫学会(10月21~22日、ウェブ開催)で発表。irAEとしての筋炎の臨床像や検査所見、筋病理所見などは既知の炎症性筋疾患と相違が見られることから、「新たな疾患概念として『PD-1ミオパチー』を提唱したい」と述べた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  新たな疾患概念「PD-1ミオパチー」を提唱

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD541131 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外