メニューを開く 検索 ログイン

網膜神経線維層の菲薄化でうつ病リスク上昇

オランダ・約5,000例のコホート研究

2021年11月30日 05:00

3名の医師が参考になったと回答 

 オランダ・Maastricht UniversityのFrank C. T. van der Heide氏らは、同国の約5,000例を対象にした前向き住民コホート研究で、脳神経変性の指標である網膜神経線維層(RNFL)厚とうつ病リスクの関連を検討。その結果、RNFL厚が薄い者ほど抑うつ症状の発現リスクが高く、網膜神経変性のモニタリングにより老年期うつ病のリスク保有者を特定できる可能性が示されたとJAMA Netw Open2021; 4: e2134753)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  精神疾患 »  網膜神経線維層の菲薄化でうつ病リスク上昇

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD541372 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外