メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  心不全で要介護リスク1.5倍に

心不全で要介護リスク1.5倍に

2021年12月01日 14:27

8名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 超高齢化が進む日本は、心不全患者が急増する「心不全パンデミック」状態にある。新潟大学大学院循環器内科学分野の藤木伸也氏、教授の猪又孝元氏らは、心不全患者の要介護リスクを検討。その結果、高齢心不全患者が将来的に介護を要するリスクは一般高齢者の1.47倍と極めて高く、心房細動、骨粗鬆症や認知症などの併存疾患、睡眠薬の服用などが介護発生率上昇の独立した危険因子であることが示されたと、Circ J2021年11月16日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

普段、どんな時に運動を心がけていますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  心不全で要介護リスク1.5倍に