メニューを開く 検索 ログイン

加齢黄斑変性、個別化医療の現状

2021年12月02日 05:00

2名の医師が参考になったと回答 

 さまざまな診療科で個別化医療が進んでいるが、眼科も例外ではない。これまで、加齢黄斑変性(AMD)に関しては発症に関わる遺伝子が幾つか報告されてきた(Science 2005; 308: 385-389Science 2005; 308: 419-421Science 2005; 308: 421-424)。現在、AMD治療の中心は抗VEGF薬だが、治療結果の予測につながる遺伝子が発見できれば、個別化医療が大きく前進する可能性がある。大津赤十字病院(滋賀県)眼科部長の山城健児氏らはAMDの個別化医療実現に向け、ゲノムワイド関連解析研究(GWAS)を実施している。その現状と今後の展望について第75回日本臨床眼科学会(10月28~31日、ウェブ併催)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »   »  加齢黄斑変性、個別化医療の現状

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで