メニューを開く 検索 ログイン

膝OAに多血小板血漿療法は効果なし

オーストラリア・RESTORE試験

2021年12月02日 18:20

24名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 変形性膝関節症(膝OA)に対する治療として、欧米を中心に多血小板血漿(PRP)療法が普及し、わが国でも自由診療下で行われているが、作用メカニズムは十分解明されていない。オーストラリア・University of MelbourneのKim L. Bennell氏らは、膝OAに対するPRP療法の有効性を検討するプラセボ対照ランダム化比較試験(RCT)RESTOREを実施。プラセボ群と比べ、PRP療法群では膝OAの疼痛スコアや関節構造に有意な改善が認められなかった。結果の詳報はJAMA2021; 326: 2021-2030)に掲載された。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  運動器 »  膝OAに多血小板血漿療法は効果なし