メニューを開く 検索 ログイン

ビタミンK欠乏性出血の予防、投与法が確定

小児科学会など16学会・団体による合同提言

2021年12月02日 18:30

6名の医師が参考になったと回答 

 日本小児科学会、日本産科婦人科学会、日本周産期・新生児医学会など16の関連学会・団体は11月30日、ビタミンK欠乏性出血症を発症しやすい新生児および乳児期早期、胆道系疾患患児に対するビタミンK2製剤の投与法として、哺乳確立時、生後1週時(産科退院)、以降生後3カ月まで1週ごとに11回の計13回内服させる3カ月法などを提言した。これまで同製剤の投与法が混在しており、今回の提言により医療現場や母親の混乱防止を目指すことが狙い。(関連記事「ビタミンK2予防投与の新推奨を取り下げ」)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  小児 »  ビタミンK欠乏性出血の予防、投与法が確定

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD541759 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外