メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  薬剤情報 »  固形がん例へのワクチン追加で抗体価上昇

固形がん例へのワクチン追加で抗体価上昇

イスラエルでのトジナメランの検討

2021年12月03日 14:10

4名の医師が参考になったと回答 

 イスラエル・Hadassah Medical CenterのYakir Rottenberg氏らは、固形腫瘍に対する積極的治療中の患者37例において、ファイザー製新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチン(トジナメラン)追加接種(ブースター接種)後の効果を検討。ほぼ全例でSARS-CoV-2抗スパイク蛋白質に対する抗体価(IgG抗体価)が有意に上昇し、2回目接種後のIgG抗体価が高いほど、また高齢であるほどIgG抗体価が高かったことをJAMA Oncol2021年11月23日オンライン版)のResearch Letterで報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  薬剤情報 »  固形がん例へのワクチン追加で抗体価上昇