メニューを開く 検索 ログイン

固形がん例へのワクチン追加で抗体価上昇

イスラエルでのトジナメランの検討

2021年12月03日 14:10

3名の医師が参考になったと回答 

 イスラエル・Hadassah Medical CenterのYakir Rottenberg氏らは、固形腫瘍に対する積極的治療中の患者37例において、ファイザー製新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチン(トジナメラン)追加接種(ブースター接種)後の効果を検討。ほぼ全例でSARS-CoV-2抗スパイク蛋白質に対する抗体価(IgG抗体価)が有意に上昇し、2回目接種後のIgG抗体価が高いほど、また高齢であるほどIgG抗体価が高かったことをJAMA Oncol2021年11月23日オンライン版)のResearch Letterで報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  薬剤情報 »  固形がん例へのワクチン追加で抗体価上昇

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで