メニューを開く 検索 ログイン

HPVワクチンで子宮頸がん死が大幅減

米・15〜24歳で効果顕著

2021年12月03日 16:50

3名の医師が参考になったと回答 

 日本でも来年(2022年)4月に接種の積極的勧奨再開が決まったヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンについて、米国から新たな疫学データが示された。米・St Louis University School of MedicineのTara Tabibi氏らは、15〜39歳の女性を年齢で層別化してHPVワクチン接種と子宮頸がんの発生率および死亡率との関係を検討。その結果、15〜24歳では発生率が約38%、死亡率が約43%減少したとJAMA Pediatr2021年11月29日オンライン版)に報告した。(関連記事:「HPVワクチン接種で子宮頸がん発生が9割減」

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  HPVワクチンで子宮頸がん死が大幅減

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで