メニューを開く 検索 ログイン

日本人で初、MSの病型と障害進行速度が判明

2021年12月06日 18:10

7名の医師が参考になったと回答 

 入野医院/関西多発性硬化症センター(大阪市)所長の齋田孝彦氏は、同センターの多発性硬化症(MS)患者953例を対象に病型と障害度の長期変化について日本人で初めての検討を行った。その結果、「総合障害度評価尺度(EDSS)の中等度障害(3.0)に達するまでの障害進行速度は症例ごとに異なるものの、3.0以上ではほぼ一様であり、治療介入の効果が乏しい現状が示された」と第33回日本神経免疫学会(10月21~22日、ウェブ開催)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  脳・神経 »  日本人で初、MSの病型と障害進行速度が判明

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで