メニューを開く 検索 ログイン

心不全のsGC刺激薬、標準治療後の選択肢も

新規作用機序のベルイシグアト

2021年12月06日 17:05

13名の医師が参考になったと回答 

 この数年で新薬が相次いで登場し、治療法が大きく進化を遂げている慢性心不全。今年(2021年)9月には可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)刺激薬という新規メカニズムの治療薬ベルイシグアト(商品名ベリキューボ)が発売され、選択肢がさらに広がった。標準治療を受けている慢性心不全患者が適応となる。九州大学大学院循環器内科学教授の筒井裕之氏は11月24日、バイエル薬品が開いたメディアセミナーで講演し、ベルイシグアトの特徴や臨床試験結果、海外の診療ガイドラインなどを踏まえ、同薬の臨床上の位置付けについて解説。「左室駆出率(LVEF)が低下した心不全(HFrEF)で標準治療を受けているにもかかわらず、増悪した患者にベルイシグアトの追加を考慮することが考えられる」との見方を示した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  心不全のsGC刺激薬、標準治療後の選択肢も

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD541780 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外