メニューを開く 検索 ログイン

SLE治療薬関連網膜症、アジア人では要注意

ヒドロキシクロロキン投与例対象のコホート研究

2021年12月07日 05:00

5名の医師が参考になったと回答 

AdobeStock_348836425ヒドロキシクロロキンと網膜症リサイズ.jpg

(© Adobe Stock ※画像はイメージです)

 抗炎症、免疫調節作用を有するヒドロキシクロロキン(HCQ)は、日本において全身性エリテマトーデス(SLE)治療薬として用いられるが、アジア人に特徴的な警戒すべき副作用リスクのあることが示された。米・Massachusetts General HospitalのApril Jorge氏は、HCQ投与例における網膜症リスクを検討するコホート研究を実施。その結果、5年間以上HCQを投与していた群、中でもアジア人で中等症~重症の網膜症リスクが有意に高かったと米国リウマチ学会(ACR Convergence 2021 、11月1~10日、ウェブ開催)で報告した(関連記事「ヒドロキシクロロキンがエリテマトーデス治療薬として承認」)。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  リウマチ・膠原病 »  SLE治療薬関連網膜症、アジア人では要注意

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで